過呼吸と保険加入

過呼吸と保険加入

過呼吸と保険加入

保険の加入には、さまざまなルールがありますよね。何らかの疾患を患っていると、その保険に入れなかったり、保険額が変わったりということがあります。

 

また、加入できても申告の必要があるという場合もあるでしょう。

 

それでは、過呼吸の場合はどうなのでしょうか。ここでは、過呼吸と保険加入について考えてみましょう。

 

過呼吸でも保険に加入できる?

保険に加入できるかどうかの決まりは、保険の種類や保険会社によってまちまちですから、一概に「できる」とも「できない」とも言えません。

 

一般的には、保険内容が手厚いものであればあるほど、加入は難しくなるでしょう。

 

過呼吸の場合は、病院で過呼吸だと診断されていたら、保険加入時に契約書を確認してみましょう。

 

過呼吸については、過去になったことがあったとしても完治していれば、あまり問題なく保険加入できることがほとんどでしょう。

 

どのような場合でも正直に申告することは絶対条件です。虚偽の申告をすると、後から罰せられることもあります。

 

加入できる保険

現時点で過呼吸を患っていたとしても、「引受け基準緩和型」という医療保険なら、加入できるかもしれません。これは、文字の通り、通常よりも保険加入の審査が緩和されている保険です。

 

過呼吸程度であれば、このタイプの保険には加入できるでしょう。

 

ガン保険は、通常の医療保険よりも条件が緩いので、加入可能かもしれません。

 

また、完治さえして仕舞えば、ほとんどの保険に加入できるはずですから、先に過呼吸を完治させてから、保険に加入するというのも考えてみましょう。

 

いくつかの保険会社に問い合わせてみて、断られたからといって安易に諦めずに、加入できる保険を探したり、病気を治すことに専念するようにしてください。

スポンサーリンク