過呼吸の治療薬

過呼吸の治療薬

過呼吸の治療薬

過呼吸発作をよく起こしてしまう方は、薬でそれを止めることができたらいいですよね。過呼吸の治療を病院で受ける際には、薬が処方されることもあります。

 

薬ですから副作用もありますし、相性もあるでしょう。

 

ここでは、過呼吸治療に用いられる薬についてご紹介します。

 

過呼吸の治療薬

過呼吸治療で用いられる薬は、発作が起こった時に服用する薬と、通常時に予防策として服用する薬があります。

 

発作時に服用する薬については、出来れば発作が起きそうだと思った時に服用できるといいでしょう。発作時には、なかなか薬を服用できる状態ではないからです。

 

この為の薬は、抗不安薬というものが用いられます。精神安定剤といえば、どんな方でも想像がつくでしょう。その抗不安薬の中でも、発作を止めるためには即効性があり効き目が強いものが用いられます。

 

発作が起きていない通常時用にも、気分を安定させるような薬が処方されます。この薬を服用することで、次の発作が起こりにくくなります。

 

ここでも抗不安薬が用いられますが、この場合は上記でご説明したようなものよりも、比較的効果が穏やかなものが用いられます。また、抗うつ剤も処方されることがあるでしょう。

 

薬は服用するべきか

確かに、前述のような薬は過呼吸に対して一定の効果を発揮します。ですがそれは、根本的な解決にはなっていません。

 

過呼吸は、その症状によっては薬が必要だとも言いきれません。毎日のように発作を起こすような方だと、それに対して不安感や疲労感を感じているでしょうから、薬物療法も有効でしょう。

 

しかし比較的症状が軽度な場合は、心理療法などで解決したほうが根本的な治療につながります。

 

薬には副作用もありますし、抗不安薬などには依存性もありますから、出来ればできるだけ服用せずに治療を進めていけるといいでしょう。

スポンサーリンク