過呼吸の症状:発熱

過呼吸の症状:発熱

過呼吸の症状:発熱

過呼吸には本当にさまざまな症状があります。

 

過呼吸が起きた時に熱が出てしまったという経験がある方はいるでしょうか。

 

ここでは、過呼吸の症状と発熱に関して掘り下げていきましょう。

 

過呼吸で発熱する?

過呼吸が起きたあと落ち着いたときに、なんだか熱っぽいことに気づいたという経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

過呼吸の症状として、熱が出るというのは稀です。ひょっとすると、過呼吸からの疲れやストレスで発熱してしまうということもあるかもしれません。

 

過呼吸の後に熱があると感じたら、それはそもそも最初から熱が出ていたのかもしれません。何故なら、発熱で過呼吸が誘発されることがあるからです。

 

過呼吸をよく起こすような方だと、発熱で過呼吸が誘発されることもあるというのはご存知でしょう。ですが、過呼吸慣れしていない方で、発熱しているものの熱が出ていることに気づいていないときに、過呼吸が誘発されると、過呼吸のせいで熱が出たと思ってしまうかもしれません。

 

過呼吸が起きたあとは体が疲れているような感じになります。そうなると、発熱以外に異常がなかった時に比べて、発熱に気付きやすくなるでしょう。

 

発熱から誘発される過呼吸の対処法

熱があると気づいているときなら、体を休めるなどすることが対処法になりますが、そもそも気づいていない場合はどうしたらいいのでしょうか。

 

その場合は、過呼吸が起こってしまったことへの対処法ということになるでしょう。過呼吸後に発熱していることに気づいたら、なるべくすぐに休むようにしましょう。

 

発熱しているときは過呼吸は誘発されやすく、また一度起こしてしまうと、再度起こしてしまうということは珍しくありません。

 

とはいえ、また過呼吸が起きるかもしれないという不安はあまり抱かないようにしましょう。その不安も過呼吸を誘発する要因となります。

 

そういったことを考えないためには、取り敢えず寝てしまうのがいいでしょう。病院で過呼吸に対する薬をもらっているのなら、それを服用するのも有効です。

スポンサーリンク