過呼吸による睡眠不足

過呼吸による睡眠不足

過呼吸による睡眠不足

夜寝るような時間に過呼吸を起こしてしまったり、夜中ふと目が覚めた時に過呼吸をおこしてしまうような方は、日常的に睡眠不足に悩まされているのではないでしょうか。

 

睡眠不足になっていると、なかなか日常生活をうまく送ることができず、それがまたストレスになり悪循環になってしまいます。

 

ここでは、過呼吸による睡眠不足について掘り下げていきましょう。

 

過呼吸で眠れない

過呼吸を夜中に起こしてしまいやすいという方は、前述のとおり睡眠不足に陥りやすいでしょう。過呼吸を起こしながらは眠ることができませんし、例えば一人で寝ているような方、一人暮らしの方なんかは、過呼吸発作がおさまったあとでも、不安のあまりなかなか寝付けないということもあるかと思います。

 

また、一人で寝ること自体に不安を感じて、過呼吸を引き起こしてしまうということもあるでしょう。

 

寝不足は、日常生活にも支障をきたしてしまいますから、早急に対処が必要です。

 

過呼吸による睡眠不足への対処法

過呼吸で睡眠不足になってしまったのが初めてだというときは、翌日の学校や仕事は休んで、1日体を休めましょう。睡眠不足によるストレスなどが、過呼吸発作につながる可能性もありますから、無理をして働いたりするよりも、休息をとり体力を回復したほうがいいでしょう。

 

既に過呼吸で通院をしていて、夜に過呼吸が起こることに不安があるのであれば、担当医に相談してみてもいいでしょう。

 

初めて過呼吸を起こしたという方は、それが本当に過呼吸かどうかを判断するために病院に行きましょう。

 

慢性的に夜過呼吸になるという方は、医師に相談してください。睡眠不足自体が過呼吸を誘発することもありますし、睡眠不足により日常生活に支障をきたしているというストレスが、過呼吸の原因ともなりえます。

 

そのため、慢性的に夜過呼吸を起こして眠れないという方は、早急に対処が必要なのです。

 

一人で寝るということに恐怖を感じて、発作をおこしているような場合だと、できれば一人で寝なくても良いようにするといいのですが、そう簡単ではない場合もあるでしょう。

 

そういった場合には、医師の診断のもと、不安を感じにくくなるお薬などを処方してもらうといいでしょう。

スポンサーリンク