子供の過呼吸の原因

子供の過呼吸の原因

子供の過呼吸の原因

大人と同じく、子供も過呼吸を起こすことがありますし、その症状も大人と大差ありません。

 

ですが、なぜ子供が過呼吸を起こすことがあるのか、不思議に思う方もいるのではないでしょうか。

 

その原因についても、実は子供と大人で大きく異なるようなことはありません。

 

ここでは、子供が過呼吸を起こしてしまう原因について掘り下げていきましょう。

 

なぜ子供が過呼吸を起こすのか

子供も大人と同じく、不安やストレス、緊張を感じます。

 

シャイな子なら、みんなの前で発表するときにあまりの緊張に発作を起こしてしまうということもあるでしょうし、幼稚園や学校で人間関係がうまくいってないときに、発作を起こすこともあるでしょう。

 

子供に「人間関係」という言葉はそぐわない気がする方もいるかもしれませんが、子供だって、幼稚園や学校などの社会に出ていれば、周りとの関係に悩むこともあるのです。

 

前述のように、子供の過呼吸は大人と大差ありません。子供だって、大人と同じようにさまざまなことに悩んだり、不安を感じたりします。
大人と違うのは、子供はそれをうまく表現できないこともあるという点でしょう。

 

また、子供は大人よりも恐怖感を感じやすいかもしれません。夜一人でトイレに行くのが怖かったり、ちょっとした物音にびくついてしまったりというようなことでも、過呼吸の原因になりえます。

 

過呼吸の原因の解決法

周囲の大人がまずできることは、子供のそういった変化にいち早く気づき、精神的な不安を緩和させてあげることでしょう。

 

過呼吸発作を起こしてしまった子が、心に何か問題を抱えていないかを責めるように質問責めにするのではなく、まずは大丈夫だということを感じさせてください。

 

その上で、優しく子供の感じていることを引き出すことが重要です。

 

特に、過呼吸を起こしてしまったあとの子供は、死んでしまうのではないかというような不安にかられるため、非常に心細い思いをしています。過呼吸を起こしてしまった子供に対しては、まずは過呼吸は深刻な病気ではなく、死に至ることはないということを教えてあげましょう。
その上で、過呼吸の原因となっている要素を改善していくことにつとめてください。

スポンサーリンク