過呼吸の原因:仕事

過呼吸の原因:仕事

過呼吸の原因:仕事

過呼吸発作が不安やストレス、極度の緊張などから誘発されるということは、広く知られている事実です。

 

その不安やストレスなどの原因となっていることの代表例の仕事があげられるでしょう。

 

仕事をしている方々は、誰しも大なり小なりストレスを感じているのではないでしょうか。

 

ここでは、過呼吸の原因となっている要素の中でも、仕事に焦点をあてて、過呼吸について掘り下げていきましょう。

 

仕事が原因の過呼吸

仕事をしている限り、誰しもそれなりのストレスを感じているでしょう。例えば職場での人間関係や、残業過多、多忙などにより、リラックスする時間がなければ、ストレスはどんどん蓄積していきますし、それは過呼吸の原因となりえます。

 

特に仕事でストレスを感じている場合、職場で過呼吸を起こしてしまうということも珍しくありません。

 

また、過呼吸発作持ちの方は、あまりに発作が頻繁だと、それが原因で仕事をやめざるを得ない状況に陥ることもあるでしょう。そういったことがあると、過呼吸が原因で仕事を失うかもしれないという恐怖感・不安感で、過呼吸発作を起こしてしまうということもあります。

 

仕事が絡むような過呼吸は、自分の日常生活にも大きく支障をきたしますから、大変深刻な問題なのです。

 

仕事が原因の過呼吸への対処法

まずは、ストレスの原因となっていると思われる要素を挙げてみましょう。それは解決できるようなことでしょうか。

 

大企業であれば、社員向けにメンタルケアの相談窓口がある企業もあります。そういったところに話を聞いてもらうのもいいでしょう。

 

単に残業がとても多かったり、忙しすぎるといった場合でも、誰かには相談できるはずです。

 

あまりに過呼吸発作がひどかったり、相談できる相手がいないという場合は、一度病院で医師の診断を受けて、最悪の場合仕事を辞めてしまうか休職するかを考えてみましょう。

 

ストレスがひどくて過呼吸を起こしているような場合は、ストレスの原因となっているものから自分を遠ざけるべきです。

 

少し休んで、気分が落ち着いてからまた仕事を始めるということだって、悪いことではありません。寧ろ過呼吸を抱えながら働く方が、周りに迷惑をかけている場合もありますから、まずは自分を大事にすることを考えてください。

スポンサーリンク