過呼吸の原因:思春期

過呼吸の原因:思春期

過呼吸の原因:思春期

実は過呼吸を初めて発症してしまったというのが、思春期の年代の頃だったという方は少なくありません。多くの場合、女性に見られる傾向でしょう。

 

なぜ、思春期だと過呼吸を起こしてしまうことがあるのでしょうか。

 

ここでは、思春期と過呼吸の関係についてご説明していきます。

 

思春期に過呼吸を起こしやすい理由

思春期というのは、それ以外の時期よりも誰しも不安定だったり繊細になってしまいがちです。また、将来への不安や、友達との人間関係にも深く悩み始めるのが、思春期の年代でしょう。

 

大人からのプレッシャーも受けやすい時期です。

 

そういったさまざまな要因が原因で、思春期の方は不安や恐怖、緊張、ストレスなどを抱え込みやすく、またそういったことを素直に相談しづらいというような年代でもありますから、それが原因でさまざまな症状を引き起こしてしまうのです。

 

過呼吸もその症状の一つなのですが、他に代表的な症状というと、自律神経失調症があるでしょう。思春期は自律神経失調症も過呼吸のように起こしやすい時期なのです。

 

思春期の過呼吸への対策

思春期の子供が過呼吸を発症してしまったら、まずは子供に何かプレッシャーを感じさせていないかを考えてみましょう。

 

なるべく、子供に色々指図をするのを避けてみてください。あまり子供を否定するような言動はおすすめできません。ときには、子供のやりたいようにやらせてみましょう。

 

もちろん、原因は家庭内ではなく、家庭外での生活にある可能性も高いです。

 

家庭内での原因を探りつつ、何か子供が家庭外での生活で抱えているものがないかをさぐってみましょう。

 

思春期の子供は、なかなか親に本音を話せないということもあるかと思いますから、子供との信頼関係を築くのも大事です。子供に注意したり指図するのではなく、まずは子供を理解することから初めてください。

 

過呼吸を起こしているときには、優しく声をかけたり、手を握る、背中をなでるなどでなるべく子供が安心できるようにしてあげましょう。そういった行為が、子供との信頼関係をアップさせることにもつながります。

スポンサーリンク