過呼吸の症状:めまい

過呼吸の症状:めまい

過呼吸の症状:めまい

過呼吸が起こると、息苦しさやしびれのような代表的な症状の他に、めまいや頭痛を感じる方も少なくありません。その度合いは人により異なりますが、多くの場合この症状について過度に心配する必要はないでしょう。

 

ここでは、過呼吸の症状であるめまいや頭痛について掘りさげていきましょう。

 

過呼吸からくるめまいや頭痛

過呼吸を起こすと、一番最初に感じる症状は恐らく息苦しさですが、その後めまいや頭痛を自覚することがあります。呼吸のリズムが乱れることにより起こるのですが、稀にめまいや頭痛の症状が先にあり、過呼吸が起こるという方もいます。

 

このめまいは、過呼吸の症状の1つであり、重篤な病気とは関連がないことが多いですから、あまり心配する必要はありません。過呼吸がおさまれば、しばらくはめまいや頭痛の症状が残るかもしれませんが、その内治まります。

 

ただし、あまり症状がひどいと意識障害にもつながってしまいますから、早めに適切な処置をすることが重要です。

 

過呼吸でめまいや頭痛が起こったら

めまいや頭痛を感じたら、ふらつきによる転倒を防ぐ為、なるべく早めに横になるか座るかをして安静にしましょう。周囲の方も、患者が過呼吸を起こしてしまったら、早めに安静にさせるようにしてください。

 

安静にして、過呼吸を落ち着かせることができれば、しばらくゆっくりしていれば、めまいや頭痛も治まります。頭痛については、その後も続くかもしれませんが、その場合は頭痛薬などで対処するといいでしょう。

 

意識障害が起こるまで過呼吸を悪化させないことが大事ですから、過呼吸を起こしてしまったらなるべく早めに落ち着かせることが望ましいです。

 

万が一、めまいや頭痛の症状が、過呼吸が治まったあとでも取れない場合には、念のため医療機関への受診をおすすめします。

スポンサーリンク