子供の過呼吸への対処

子供の過呼吸への対処

子供の過呼吸への対処

子供が過呼吸になってしまうということは、全く珍しいことではありません。むしろ、近年増加傾向にあるのです。

 

過呼吸と聞くと、ある程度成長した年齢から起こる症状のようなイメージがあるかと思いますが、小さいお子さんでも過呼吸になることはあります。

 

もしも子供が過呼吸を発症してしまったらどうしたらいいのでしょうか。

 

ここでは子供の過呼吸の対処法について掘り下げていきましょう。

 

子供が過呼吸を起こしたときの注意事項

子供がもしも過呼吸を起こしてしまったら、どういったことに気をつけなければならないのでしょうか。

 

一番気をつけたいのが、大人はパニックにはならないようにするということです。何故なら、それはお子さんの不安感を一層強めてしまい、過呼吸発作が治まるのを阻んでしまうからです。

 

そのため、子供が過呼吸を起こしても、周囲の大人はまずは自分たちが落ち着いてから、対処に入るようにしてください。

 

子供が過呼吸になってしまったら

子供が過呼吸発作を起こしてしまったら、腕に子供を抱いたり、背中をさすったりしながら、呼吸の誘導をしましょう。息を吐くことに集中させるために、息をゆっくり吐くように、優しく伝えてください。

 

発作中はもとより、発作後も体を休ませるようにしてください。しばらく横についてるとお子さんも安心します。

 

過呼吸発作を起こした直後では、あまりいろいろと問い詰めたりはしないようにしましょう。

 

過呼吸を起こしてしまった原因が何なのかを考えるのは重要なことですが、無理に問い詰めたりすると、却って逆効果なのです。

 

過呼吸発作が初めてな場合、不安を感じるようであれば病院に連れて行ってもいいでしょう。しかし、それに対して拒否反応を示す場合は無理強いは禁物です。

 

あまりに頻度が高い場合は、病院にかかることをおすすめします。

スポンサーリンク