会社の過呼吸への対応

会社の過呼吸への対応

会社の過呼吸への対応

過呼吸発作が頻繁に出てしまう過呼吸持ちの方にとっては、仕事上での対応というのが悩みの種です。

 

職場の方々の理解を得るということも難しいことが多く、大きな問題なのです。

 

ここでは、会社で誰かが過呼吸を起こしたときの対応方法などについてまとめてみました。

 

もしも同僚が過呼吸を起こしたら

もしもあなたが一緒に働いている同僚が過呼吸を起こしてしまったら、まずは過呼吸を起こしている方を楽な姿勢で居られるようにしてください。ソファに座らせたり、横になれるようにしてあげるといいでしょう。

 

その上で、できればできるだけその方と仲の良い方が、その方を安心させてあげられるように、肩などを撫でてあげるとより過呼吸への不安感が減少します。体に触れるのは、その方と同性の方のみにしてください。

 

息はゆっくりと吐く方に集中してします。大きく吐くように誘導するといいでしょう。

 

過呼吸で死ぬことはありませんから、周囲の方はなるべく落ち着いて対応をするように心がけてください。

 

過呼吸持ちの方への会社の対応

過呼吸持ちの方は、過呼吸以外には特に仕事をするうえで困るようなことはありません。ですから、頻度がそれほどでもなければ、時折起きる過呼吸発作のときに、過呼吸持ちの方を休ませてあげるという対応のみで構わないでしょう。

 

問題は、頻度が高い方です。発作頻度が高いと、本人はもとより周りも仕事にならないといったことも十分ありえます。

 

このため、過呼吸持ちの方は社会での理解を得づらいのです。

 

そういった場合は、まず本人に病院に行くことをすすめ、且つ長期で休むことも視野に入れるように話してみましょう。

 

周囲の方も大変なことももちろんありますが、本人が一番不安や恐怖を感じているということを忘れないであげてください。

スポンサーリンク