学校の過呼吸への対応

学校の過呼吸への対応

学校の過呼吸への対応

学生の方で過呼吸持ちだというかたは少なくありません。

 

在学中に、過呼吸を見たことがないという方の方が少ないのではないでしょうか。

 

ここでは、過呼吸持ちの生徒さんへの学校での対応についてまとめてみました。

 

生徒が過呼吸を起こしたら

もしも生徒が過呼吸を起こしてしまったら、まずは他の生徒達が大騒ぎをしないように先生は気を配る必要があります。周りの生徒達が騒いでしまうと、過呼吸を起こしている生徒は、より一層不安を感じてしまうからです。

 

まずは周囲に大声を出したりして騒がないように、言い聞かせましょう。

 

その上で、過呼吸を起こしている生徒を何かにもたれるようにして座らせるか、可能であれば横にしましょう。息をゆっくりと吐くように優しく言い聞かせてください。

 

過呼吸発作が治って動けるようであれば、保健室などで暫く休ませましょう。

 

もともと過呼吸持ちの生徒であれば、あらかじめ保護者から話を聞いていて、慌てることも少ないかもしれません。

 

もしも生徒が過呼吸を起こしたのが初めてであれば、必ず保護者の方に伝えることが必要です。

 

どんなときに生徒は過呼吸を起こすのか

過呼吸は一般的には不安やストレスから起こると知られていますが、激しい運動により発作を起こしてしまうこともあります。

 

ですから、体育の時間などで過呼吸を起こしてしまうということもあるでしょう。

 

もちろん、不安やストレスを感じて過呼吸を起こすこともあります。よくあるのが、授業中に当てられた生徒が緊張のあまり過呼吸を起こすというようなことです。

 

生徒が過呼吸持ちだと知っている場合は、なるべく不安や緊張状態にさせたり、ストレスをかけるようなことは避けるようにしましょう。

 

同時に、他の生徒たちからの理解と協力を求めることも重要です。

スポンサーリンク