過呼吸の検査方法

過呼吸の検査方法

過呼吸の検査方法

初めて過呼吸を起こした方は、基本的にまずは病院に行ってみることをおすすめします。過呼吸が再発しないように予防することができますし、ひょっとするとそれは過呼吸ではなくて他の病気起因の発作かもしれないからです。

 

それでは、過呼吸の診断とはどのように行われるのでしょうか。ここでは、過呼吸の検査方法についてまとめてみました。

 

過呼吸の検査方法

過呼吸の検査は、発作が起きていない時にはなかなかできず、発作時に採血して、その血液を分析することで可能になります。

 

また、強制的に過換気状態にすることで、症状が現れるかどうかも確認します。

 

心電図などを用いて、何か別の病気が隠れていないかということも一緒に検査していきます。レントゲンなどで肺に異常がないかも調べていきます。

 

その結果、発作中の血中二酸化炭素が少なく、且つ心臓や肺に疾患を認められなかった場合は、過呼吸であるという診断になるのです。

 

検査で過呼吸とわかったら

この検査で肺や心臓に異常がないとわかれば、ひとまずそれは死ぬような重篤な病気ではないということがわかります。

 

そのため、そこである程度の安心感は得られるのではないでしょうか。

 

その安心感が、過呼吸の改善には重要です。その後は、医師の指導のもと、必要であれば薬物療法を行いますし、行動療法などで対処することもあります。

 

また、発作が起きた時の対処法などについても、話があるでしょう。ペーパーバッグ法については、例え医師にすすめられたとしても避けてください。もしも勧められた場合は、病院を変えることをおすすめします。

 

検査の結果、もし肺や心臓に異常があるとわかった場合は、例え過呼吸の発作も実際に起きていたとしても、その疾患についての治療に重点を置いて、治療が行われます。

スポンサーリンク