過呼吸と併発しやすい病気や症状

過呼吸と併発しやすい病気や症状

過呼吸と併発しやすい病気や症状

過呼吸は不安やストレスが原因となっている症状のことですが、他の病気と併発するようなことはあるのでしょうか。

 

これは、その病気に対して不安感を強く感じるような場合には、そういうこともあると言えます。ここでは、そういう意味で過呼吸と併発しやすい病気をご紹介していきましょう。

 

不整脈

不整脈とは、心臓の鼓動が不規則になる症状のことです。不整脈にはさまざまな種類がありますが、自分が不整脈であると自覚している方だと、不整脈を起こした時には、それが不整脈だと分かります。

 

そして、不整脈発作では、胸が苦しくなったり、胸が痛い、動悸がするなどの症状があります。

 

こういった症状に不安感を覚えれば、それが過呼吸発作につながるということも十分ありえます。過呼吸発作だけであれば、死に至るような病気ではないのですが、不整脈を持っている方が過呼吸発作を起こせば、心臓に負担がかかり、症状が悪化するなどの危険性があるので、注意が必要です。

 

うつ病などの精神疾患

うつ病に代表される、さまざまな精神疾患では、その特質から過呼吸も併発しやすいと言えます。精神的な病気がある方は、通常の方よりも強く不安感などを覚えやすいものです。過呼吸を症状の1つとして持つ不安障害も、精神的な病気の一つです。

 

喘息

喘息の方は、喘息の息苦しさへの不安感から、喘息が過呼吸発作になってしまうということがあります。

 

喘息だけでも苦しいところを、過呼吸でさらに息苦しくなってしまうのです。もしも喘息を起こしながら、過呼吸発作も起こしてしまうような場合、呼吸困難などの危険性があります。過呼吸発作を起こしてしまう前に、喘息に対する対処をするようにしてください。

スポンサーリンク