過呼吸になる前兆・予兆

過呼吸になる前兆・予兆

過呼吸になる前兆・予兆

過呼吸になったことが何回もある方は、過呼吸になりそうな前兆や予兆というものを、なんとなく認識している方が多いでしょう。しかし、過呼吸になったことない方々は、過呼吸になる前にどういう状態に患者がなるのかというのはご存じないのではないでしょうか。

 

ここでは、過呼吸になる前兆や予兆についてご紹介していきます。

 

過呼吸に前兆、予兆はあるのか

過呼吸になる時に前兆や予兆を感じる方は確かにいます。初めての過呼吸であれば、気づかないかもしれません。また、運動をしたことによる過呼吸でも、そもそも運動して息が上がっていたりする為、気付きづらいと言えるでしょう。

 

精神的な要因で過呼吸になりやすい方は、過呼吸になる前に突然気分が悪くなったり、手足の指先、または全身が急に冷たくなったり、意識が遠くなったりというような過呼吸の前触れを感じることがあります。動悸がするという方もいるでしょう。

 

こういった症状は、過呼吸持ちの方でなくても、極度に緊張した時などに起こる症状ではないでしょうか。過呼吸を起こしやすい方は、極度の緊張・ストレス下にいると過呼吸を起こしてしまう為、過呼吸の前兆や予兆は、緊張時に起こる症状と似ているものだと思っていいでしょう。

 

ただし、こういった症状を感じた時には、既に過呼吸が始まりかけていることが殆どです。こういう症状を感じたら、過呼吸持ちの方は「あ、来た!」という風に感じるのではないでしょうか。

 

その為、前兆を感じたからといって、過呼吸を防ぐことは大変困難だと言えます。

 

前兆、予兆を感じたときの対処法

前述のような症状を過呼吸の前兆として感じた時、どう対処すれば良いのでしょうか。

 

まずは、なるべく早く体を楽にできる場所に移動するということです。過呼吸が本格的に始まってしまうと、動くのは困難になります。

 

出来ることなら、自分を安心させるような術を持っておくと、過呼吸が例えきてしまったとしても、収まるのも早いでしょう。

 

周囲の方は、過呼吸持ちの方が緊張状態にあると察した際には、それ以上緊張状態が続かないように、配慮ができるとベストです。

 

いずれにしても、周囲の方も本人も、パニックにはならないということが重要です。

スポンサーリンク