過呼吸発作の時間

過呼吸発作の時間

過呼吸発作の時間

過呼吸発作の症状については、広く知られている部分もありますから、ご存じの方も多いでしょう。ですが、過呼吸発作が通常どのくらいの時間続いて、どういう時間帯に起こりやすいのかということは、なかなかご存じないかもしれません。

 

ここでは、過呼吸発作の時間について掘り下げていきましょう。

 

過呼吸発作の時間

過呼吸発作が起きている時間は、その時々、そして人により幅広く異なります。通常は30分〜1時間程度です。激しい発作が1時間も続くことは稀ですが、ほぼ症状がなくなるまでにはその位かかることもあります。

 

息が荒いという症状が続くような激しい発作状態は、5分〜10分で軽快することも珍しくありません。

 

ただし、過呼吸が不安などから起こるという性質上、発作中に死んでしまうのではないかというような不安感を感じ続けていると、症状が治まるまでにもっと時間がかかることもあります。

 

その為、発作中の患者を安心させてあげるという行為が、過呼吸発作の時間を短縮するためには大事になってくるのです。

 

過呼吸が起きやすい時間帯

過呼吸が起きやすい時間帯については、それぞれの体調や過呼吸が起こる要因によって異なります。

 

例えば、低血圧で朝がつらいという方は、どうしても朝過呼吸を起こしやすくなるでしょう。体が辛いということは、なかなか精神を安定させることが難しいからです。

 

一人でいることに不安感を覚えるという方なら、一人になる時間帯に過呼吸を起こしやすくなります。

 

過呼吸を起こしやすい時間帯が分かっている方は、その時間帯にはあまり無理をしないように、過呼吸が起こりにくいような対策を立てておくと、安心です。もちろん、周囲の方の協力が得られれば、それに越したことはないでしょう。

スポンサーリンク