過呼吸の原因:パニック障害

過呼吸の原因:パニック障害

過呼吸の原因:パニック障害

「パニック障害」というのをご存知でしょうか。パニック障害については後述でご説明するとして、このパニック障害の症状の中に過呼吸も含まれます。

 

つまり、パニック障害が過呼吸の原因となることがあります。

 

ここでは、パニック障害と過呼吸の関係についてまとめてみました。

 

パニック障害とは

パニック障害とは、突然激しい動悸や発汗、瀕脈、めまい、胸部圧迫感、ふるえ、息苦しさなどの症状とともに、死ぬかもしれないという強い不安感を覚える病気です。こういった発作をパニック発作と呼びます。

 

このような激しい症状があるにも関わらず、パニック障害では検査をしても体に異常は見当たりません。

 

パニック発作を起こすと、過呼吸になることもありますが、パニック発作が起こったからといって、必ず過呼吸を起こすわけではありません。

 

パニック障害の症状の中に、過呼吸もあるというのが正確でしょう。

 

そのため、パニック障害が原因の過呼吸を改善するためには、パニック障害自体を改善する必要があります。

 

パニック障害からくる過呼吸の対処法

パニック障害による過呼吸の症状は、パニック障害に対する治療を進めて行くにつれて、段々と改善されていきます。

 

ですが、パニック障害は完治に至るには時間がかかりますから、過呼吸へ対する対処法も知っておくべきです。もしも、過呼吸になったら、落ち着くことと、ゆっくり呼吸をすることを意識してください。

 

パニック障害で悩まれている方は、まずはパニック発作で死ぬことは無いということを知っておきましょう。それだけでも、安心感が得られるでしょう。

 

パニック障害の改善法については、専門医と相談しながら、それぞれに合った方法を見つけることが必要です。信頼出来る医師を見つけて、徐々に改善できるようにしていきましょう。

スポンサーリンク