過呼吸の原因:薬

過呼吸の原因:薬

過呼吸の原因:薬

過呼吸の原因に薬が関わっていると聞いたら、意外な感じがしないでしょうか。過呼吸の原因といえば、多くの方がストレスなどの精神的なものを挙げるでしょう。

 

ところが、薬によって過呼吸が起きるということも有り得るのです。

 

ここでは、薬が過呼吸の原因となるケースについて掘り下げていきましょう。

 

薬の副作用による過呼吸

副作用として、過呼吸発作が起きる可能性があるという薬が存在しています。意外かもしれませんが、抗不安薬にも、副作用として過呼吸発作が挙げられているものもあります。

 

抗不安薬というと、過呼吸の治療に用いられることもあるので意外な感じがするのではないでしょうか。

 

他にも、薬の副作用として動悸が起きたり、腹痛や頭痛がしたり、湿疹ができたりという症状が現れると、その症状に不安を覚えて過呼吸になってしまうということもあるでしょう。

 

特に、動悸は運動をしたわけでも、緊張しているわけでもないのに起こると、誰しも不安を感じやすいでしょうから、注意が必要です。

 

薬の副作用による過呼吸の対処法

薬の副作用で過呼吸が起こってしまった場合の対処法は、他の要因から起こる過呼吸と同じ対処で構いません。この場合、起こってしまった過呼吸への対処より先に、予防策をとることが重要です。

 

薬の副作用で過呼吸にならないためには、まず過呼吸持ちの方は、副作用に過呼吸を含む薬は服用しないようにしましょう。

 

また、薬を服用する際には、どのような薬であっても医師に相談して服用することで、リスクを回避できます。特に複数の薬を同時に服用する場合は、必ず医師の指導の元、服用するようにしてください。

 

薬の副作用が現れやすい方は、極力薬を飲まないようにするというのも、1つの対処法になります。

 

どうしても薬を飲まなければならない状況にある方で、薬の服用後に過呼吸発作が出てしまうという方は、必ず医師に相談するようにしましょう。

スポンサーリンク