緊張による過呼吸

緊張による過呼吸

緊張による過呼吸

過呼吸は精神的なストレスから起こることが多い症状です。精神的なストレスというと、種類はさまざまなのですが、その中の1つに過度の緊張が含まれます。

 

緊張を感じる場面というのは、人それぞれ異なりますが、ここでは緊張から過呼吸発作を起こしやすい方が、どういった場面で緊張を感じるかなどを掘り下げていきましょう。

 

緊張を感じやすい場面とは

過呼吸発作を起こしたことが無い方でも、緊張を感じたことはあるかと思います。例えば、多くの人の前でスピーチやプレゼンをしたりですとか、大事な面接の直前ですとか、そういう人前で何かをするという場面で緊張を感じる方は多いでしょう。

 

また、歯医者や注射が怖いという方は、歯医者や病院に行く前に緊張してしまうでしょうし、緊張しやすい方は、もっと日常的な場面で緊張を感じているかもしれません。

 

こういった緊張を過度に感じている時、人は過呼吸発作を起こしやすい状態にあるのですが、元々緊張しやすい方や、他の要因でも過呼吸発作を起こしやすいという方は、こういった緊張を感じた時に、その精神的なストレスから過呼吸発作を起こしてしまいます。

 

緊張を和らげるには

緊張から過呼吸発作を起こしてしまうという方は、なるべく緊張を感じた時にリラックスできるようにすることが重要です。

 

とはいえ、それができないから過呼吸を起こしてしまうほど、緊張を感じてしまうのでしょう。

 

緊張への対処法は、緊張を感じた時には深呼吸などで自分を落ち着かせたりすることが有効ですが、それでも緊張を強く感じやすい方はどうにもならないかもしれません。

 

ですから、緊張から過呼吸を起こしてしまいやすいという方は、過呼吸を予防するような薬を処方してもらうのも、1つの手です。常にその薬を服用する必要はなく、自分が緊張しやすいことをするときに、事前に服用するといいでしょう。

 

薬を服用したという安心感も生み出せますから、一石二鳥なのです。

スポンサーリンク