過呼吸の予防のための呼吸法

過呼吸の予防のための呼吸法

過呼吸の予防のための呼吸法

過呼吸時の呼吸は、見たことがある方ならご存知でしょうけれど、通常時の呼吸とは異なり、独特の呼吸のリズムになります。

 

ですから、その過呼吸発作時の呼吸のリズムに似たような呼吸をすると、過呼吸を起こしてしまいやすくなります。

 

ここでは、過呼吸を起こさないようにするための呼吸法についてご紹介しましょう。

 

過呼吸を引き起こしやすい呼吸とは

過呼吸が起こりやすくなってしまう呼吸とは、浅くてテンポの速い呼吸です。また、吸う方に力が入ってしまう呼吸も、過呼吸を引き起こしやすいと言えるでしょう。

 

このため、激しい運動をして息が上がると、過呼吸になってしまうことがあるのです。

 

過呼吸を予防する呼吸法

過呼吸を予防するためには、どのような呼吸を行えばいいのでしょうか。

 

それは前述の、過呼吸を起こしやすいような呼吸を行わないようにすることです。特に浅い呼吸というのは、ストレス時や緊張時に起こりやすいのですが、緊張した時などに気をつけて浅い呼吸をしないようにすることで、過呼吸を回避することができることもあるでしょう。
確実とは言えませんが、効果があるのは確かです。

 

過呼吸が起こりそうな呼吸をしていることに気づいたら、ゆっくりと深呼吸をしたり、腹式呼吸をしてみましょう。

 

過呼吸になってしまったら・・・

それでも過呼吸になってしまった場合はどう対処するべきでしょうか。そういった場合でも、呼吸をコントロールすることで症状の改善が早まります。息を吐く方に注目して、呼吸をしましょう。ゆっくりと息を吐くのを意識することで、過呼吸発作が楽になっていきます。

 

息に集中すれば、不安感に集中しなくてもよくなりますから、そういった面でも呼吸を意識することには効果があるのです。

スポンサーリンク