過呼吸は人工呼吸で対応できるか

過呼吸は人工呼吸で対応できるか

過呼吸は人工呼吸で対応できるか

身の回りの方が過呼吸を起こしてしまった場合、それを見ている方々もどう対処をするべきか慌ててしまうのではないでしょうか。

 

対処法は色々な方法が考えられますが、人工呼吸で過呼吸が止まるというのを聞いた事はあるでしょうか。

 

ここでは、何故人工呼吸で過呼吸が止まると言われているのか、そして本当にそれは効果的なのか検証していきましょう。

 

人工呼吸で過呼吸が止まる?

人工呼吸で過呼吸が止まると言われているのは、人工呼吸をすることで、二酸化炭素を体内に取り込めるためでしょう。

 

以前まで過呼吸の対処法として一番メジャーだったペーパーバック法も、二酸化炭素を取り込めるという点で、推奨されていました。

 

しかし、現在ではペーパーバック法は窒息する危険性があるとして推奨されていません。ということは、二酸化炭素を体内に取り込んだら過呼吸が止まるというわけではなさそうです。

 

人工呼吸をするとどうなるか

そもそも人工呼吸は、心停止などで自発呼吸が止まってしまった方に行う対処法です。過呼吸というのは、自発呼吸が止まっているわけではなく、そのまま放置しても死に至るわけでもありません。

 

過呼吸発作中に人工呼吸をされたら、寧ろ苦しむ方の方が多いでしょう。ただでさえ、呼吸のコントロールができない状態のところに、ますます呼吸のリズムが乱れるような行為をされるということになります。

 

ですから、過呼吸を起こしている方がいるときは、人工呼吸では対応できないということになります。

 

人工呼吸をするよりは、呼吸をコントロールできるように誘導してあげたり、背中などを撫でて落ち着かせてあげる方が余程効果的です。

 

過呼吸を起こしている方には、落ち着いた態度で優しい言葉をかける方が、過呼吸発作を止める手助けになります。

スポンサーリンク