電車に乗ったときの過呼吸の対処

電車に乗ったときの過呼吸の対処

電車に乗ったときの過呼吸の対処

過呼吸発作を起こしやすい方は、さまざまな要因から過呼吸を起こしてしまいます。

 

電車やバスなどの乗り物に乗っているときに過呼吸になりやすいという方がいるでしょう。こういった方々は、何故過呼吸を起こしてしまうのでしょうか。

 

ここでは、電車などの乗り物に乗った時の過呼吸について掘り下げていきましょう。

 

何故電車で過呼吸を起こすのか

「閉所恐怖症」という言葉をご存知でしょうか。これは字のとおり、狭くて出口がないような場所に対する恐怖症のことです。

 

電車は動いているときは、密室ですよね。それが苦手で、電車に乗ると緊張するという方がいます。

 

こういった方々は朝の満員電車に乗ると、その緊張が耐えられない位大きなものになってしまいます。そして、その緊張やストレスをきっかけに過呼吸発作を起こしてしまうのです。

 

特にこれは電車に限った事ではなく、同じような状況であれば、どのような乗り物でもそういう方は苦手でしょう。

 

電車で過呼吸になったときの対処法

電車内で過呼吸になったときに、特に満員電車の場合だととても対処が難しくなってきます。

 

電車は途中で止まることができませんから、次の駅まで外には出られませんし、それを考えると緊張や不安感が増してしまって、余計に過呼吸発作を助長してしまう恐れもあります。

 

ですから、対処よりも予防策の方が大事になってくるでしょう。

 

例えば、いっそ通勤に公共交通機関を使わないようにするのが一番効果的です。職場の近くに引っ越してしまったり、徒歩や車で行けるような職場に転職するというのも1つの考えです。

 

そういったことがどうしても無理だという方は、満員の時間帯を避けて通勤するという方法もあるでしょう。過呼吸発作用の薬を服用したり、持ち歩くのも、安心感を生み出すことができますから、効果があります。

 

とは言え、本当に毎日のように電車で過呼吸を起こしてしまうほどの症状の方は、やはりその状況を変えることが一番良いのではないでしょうか。

スポンサーリンク