過呼吸の原因:ストレス

過呼吸の原因:ストレス

過呼吸の原因:ストレス

過呼吸の原因として、ストレスはあまりにも広く知られています。過呼吸の発作を頻発するわけではない方でも、ストレスや不安を強く感じると過呼吸になってしまうこともあるくらいです。

 

ここでは、過呼吸とストレスの関係について、ご説明していきます。

 

ストレスと過呼吸

過呼吸は、ストレスや不安など精神的な緊張状態だけが引き起こすわけではありません。そういった精神的な要素から過呼吸を繰り返してしまう人のことを、過換気症候群といいます。

 

通常過呼吸の発作は通常30分程で落ち着きますが、特にストレスや不安感、緊張感が強い方は、過呼吸の症状もひどくなり長引いてしまいます。どうにも過呼吸が治まらないときには、病院での治療が必要になるでしょう。

 

また、不安感が強く、過呼吸を頻発しやすい方も、病院へ通院して治療を行う必要があります。

 

ストレスや不安感への対処法

ストレスなどから過呼吸を起こしてしまう方は、ストレスなどの原因となっているものを解消できれば、過呼吸の頻度も自然と減少していきます。

 

まずは、過呼吸が起きているときには落ち着くことから始めましょう。過呼吸の症状自体に不安感を感じてしまうと思いますが、それは症状を悪化させてしまいます。落ち着く方法は人それぞれですから、自分が落ち着ける方法を探してください。

 

また、普段の生活でもストレスや不安感への対処をすることが過呼吸を予防することにつながります。病院での治療も受けながら、自分でもリラックス方法や、ストレス解消法を見つけましょう。1日の内1度くらいゆっくりとした時間を過ごすことも、ストレスの解消につながります。

 

ストレスよりも、不安感が強い方のほうが対処は難しいかもしれません。不安がひどい方は抗不安薬を服用することで、過呼吸を予防できるでしょう。ですが、薬の服用は根本的な解決ではありません。専門医での治療を受けながら、不安感についても改善していくことが重要です。

スポンサーリンク