過呼吸による入院

過呼吸による入院

過呼吸による入院

過呼吸は死に至るような病気ではないというのはご存知のとおりです。

 

では、過呼吸で入院になるということはあるのでしょうか。

 

ここでは、過呼吸による入院について掘り下げていきましょう。

 

過呼吸で入院になることはあるのか

過呼吸発作自体が原因で、入院になるということはとても稀なことでしょう。救急車などで運ばれれば、1日だけ入院ということもあるかもしれません。ですが、過呼吸以外に症状を持たない方が入院するということは本当に稀なことです。

 

ですが、過呼吸発作がきっかけで入院になるということはあります。

 

どういった場合に、過呼吸発作で入院することがあるのでしょうか。

 

過呼吸による入院

過呼吸発作で入院をする場合は、何らかの精神的な病気を患っている方が、その症状の1つとして過呼吸発作があるという場合が挙げられます。この場合、もしもその精神的な病気が重度の場合、長期の入院になる可能性もあります。

 

または、過度のストレスや過労の状態にあり、過呼吸を起こしてしまったという方も、その心身の状況から回復させるために入院するということがあります。こういった場合は、それぞれの症状の程度にもよりますが、期間は数日から1週間程度でしょう。

 

また、過呼吸発作で救急車などで運ばれた場合、過呼吸以外に何か疑わしい症状があったり、その発作が過呼吸かどうかを調べるために、検査入院ということもあるでしょう。

 

特に初めて過呼吸になって、驚いて救急車を呼んだという方については、こういったパターンも起こりやすいでしょう。

 

いずれにせよ、過呼吸で入院になるというケースは、そう多くはありません。

 

何故なら何らかの精神的疾患があったりする場合は、過呼吸で入院となるより先に、その疾患のために入院となる方が可能性が高いからです。

スポンサーリンク