点滴・注射による過呼吸の治療

点滴・注射による過呼吸の治療

点滴・注射による過呼吸の治療

過呼吸発作の治療として、薬物治療が用いられるケースもありますが、薬を服用する以外に、点滴や注射などで過呼吸発作を軽快させることはあるのでしょうか。

 

ここでは、過呼吸の治療として用いられる点滴や注射についてご紹介しましょう。

 

点滴や注射を過呼吸の治療に用いる場合

点滴や注射を過呼吸の治療に用いるという場合は、余程重度な過呼吸の症状を持ち合わせているときでしょう。

 

特に救急車で運ばれた時は、点滴をして症状や、体の怠さが回復するのを待つこともあります。

 

点滴や注射をする場合、過呼吸発作だけではなく、パニック障害などの精神的疾患を認められるケースが多いでしょう。そういった場合には、精神安定剤の一種の注射を行うこともあります。

 

また、過労や過度のストレスを感じている場合には、それに対処するような点滴を行い、心身の回復を目指すというケースもあります。

 

過呼吸の治療に点滴や注射をするというのは、よくあることではありませんが、個々の症状の程度によっては、あり得ることです。

 

こんな場合も・・・

しかし、過呼吸発作を起こしやすいという方は、注射や点滴に対する不安感から発作を起こしてしまうという事もあります。

 

こういった方には、そもそも点滴や注射での治療は行えません。

 

また、そもそも過呼吸とは別の病気の治療や健康診断などで用いられる点滴や注射に対して、過呼吸発作を起こすということもあります。健康診断などでは、血液検査が行われないという事態になることもあるでしょう。

 

どうしても、何らかの病気で注射などの治療が必要な場合、麻酔ガスを吸わせて、眠らせてから注射をするということもあります。

 

過呼吸発作を起こしやすい方の中には、こういう方が少なくありません。

 

こういったケースもあるので、過呼吸発作の治療には、患者それぞれに対して適切な治療を行うことがとても重要なのです。

スポンサーリンク