過呼吸と鼻づまり

過呼吸と鼻づまり

過呼吸と鼻づまり

風邪や鼻炎などで鼻がつまって息が苦しいという経験は、ほとんどの方が経験したことがあるのではないでしょうか。

 

この時、鼻で息ができないために、口で息をしてしまいますよね。普通の方なら、特にそれをしていて何かが起こるということはほぼないでしょう。

 

ですが、過呼吸持ちの方なら、そんなことでも発作を起こしてしまうかもしれません。

 

鼻がつまると過呼吸が起きやすくなる?

鼻づまりと過呼吸なんてあまり関連性がないように感じるかもしれません。ですが、鼻がつまると口呼吸をしてしまうのが、過呼吸を起こしやすくしてしまうのです。

 

鼻が詰まると息苦しくなるかと思いますが、過呼吸発作は息苦しいものです。この息苦しさが、まずは不安感となって過呼吸発作のトリガーになってしまうこともあります。

 

また、口呼吸をすると、鼻呼吸時よりも息が荒くなりますよね。そうすると、それがスイッチとなって過呼吸発作を起こしてしまうということがあるのです。

 

これは、過呼吸を経験したことがない方にはあまり起きない現象ですが、過呼吸発作持ちの方、過呼吸への不安感がある方には、比較的起こりやすい症状だと言えるでしょう。

 

鼻づまりから過呼吸にならないためには

風邪や鼻炎、花粉症などでどうしても鼻づまりになってしまうことはあるでしょう。

 

過呼吸発作を起こしやすい方は、そういった時にはちょっと注意が必要かもしれません。

 

やはりその息の苦しさに注目してしまうと、発作を起こしやすくなりますから、鼻づまりが起きたときは、自分を落ち着かせるように心がけましょう。

 

また、鼻がつまったと感じたら、すぐに点鼻薬などで対処すれば、息苦しさからは解放されます。そうすることで、過呼吸発作が起きることを防止できる確率はぐっと高くなります。

スポンサーリンク